老後の生活を充実させる為の家庭菜園

老後の生活を充実させる為の家庭菜園

高齢化社会に突入している日本で、老後の生き方が考えられてきています。

 

定年は60歳から65歳まで引き上げられたものの、定年時には昔に比べたら健康体である事が多いです。

 

しかし今まで生活のほとんどを占めていた仕事がなくなった事によって、無気力感を覚えてしまう人も多くいます。

 

家庭菜園の楽しみ方 http://www.intltrade.net/

 

そういった人の為に家庭菜園が流行っています。

 

自宅の庭先で少し育てるもの良いですが、土地がない人も多く存在します。

 

そこで最近は農地放棄した農家も増えてきているので、そういった所を利用する事で土地の有効活用をする事が出来ます。

 

大きな農地をいきなり持つのは大変ですが、そこでは農地を分割して色々な人に貸し出す事で、小さい農地を持つ事が可能です。

 

 

 

育てるのは何でも良いですが、オクラやモロヘイヤなどが比較的簡単に出来るものですので、全くの初心者であればそこから始めることで農業の流れが分かってきます。

 

簡単なのは育てる期間が短い事で、すぐに食べる事が出来るからです。

 

通年のものですと、収穫までに長い期間掛かったり、管理が難しいのでそれは避けると失敗を減らす事が可能です。

 

 

 

そこから徐々に広げて行くことで、自給自足への道というのも切り開いて行くことが可能です。

 

このように家庭菜園では老後で余った時間を有効に利用する事で、毎日を充実した日々へと進化していくことが出来ます。

実家で行っている家庭菜園

 

私が現在住んでいる家では家庭菜園を行ってはいないのですが、実家では家庭菜園を行っています。

 

家庭菜園を行うだけの土地を確保しているというのも一つの要因です。

 

自宅で現在行っている家庭菜園の野菜はゴーヤ、ナス、トマトです。

 

 

 

最近実家に帰る機会がありまして、実家に帰った時に家庭菜園の野菜を見させていただきました。

 

お店で並んでいるような立派な野菜に育っていましたので、とても驚きました。

 

ちょうど収穫する時期でもあった為に、夕ご飯では家庭菜園で育てた野菜がたくさん出てきました。

 

しっかりと育っていましたので、とても新鮮で美味しかったです。

 

 

 

家庭菜園では、野菜が高騰した時に、少しでも費用を抑える事ができますので、とても便利です。

 

また自分の好きな野菜を育てる事ができますので、愛着も沸いてくるはずです。

 

家庭菜園を行うには、ある程度確保された土地と土が必要になってきますので、両方とも問題ない場合にはすぐにでも家庭菜園を行う事ができます。

 

家庭菜園を始めた頃は、色々と失敗してしまうかもしれませんが、失敗を少しずつ重ねていき、納得する事ができる野菜を作っていただきたいです。

 

自分で作った野菜は、普通にお店で購入するよりも一味も二味も違うはずです。